大坂なおみ、キーズ破り決勝進出/日本女子初、全米テニス

2018/09/07 11:39

 

 全米オープンテニスの女子シングルス準決勝で、マディソン・キーズを破り決勝進出を決め喜ぶ大坂なおみ=6日、ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

 全米オープンテニスの女子シングルス準決勝で、マディソン・キーズを破り決勝進出を決め喜ぶ大坂なおみ=6日、ニューヨーク(USA TODAY・ロイター=共同)

 全米オープンテニスの女子シングルス準決勝で、マディソン・キーズと対戦する大坂なおみ=6日、ニューヨーク(共同)

 全米オープンテニスの女子シングルス準決勝で、マディソン・キーズと対戦する大坂なおみ=6日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第11日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準決勝で第20シードの大坂なおみ(日清食品)が昨年準優勝の第14シード、マディソン・キーズ(米国)を6―2、6―4で破り、四大大会の日本女子では初めて決勝に進出した。

 8日午後4時(日本時間9日午前5時)からの決勝では、四大大会歴代最多24勝目を狙う第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。

 大坂はキーズに過去3戦全敗だったが、安定したプレーで一度もブレークを許さずに逃げ切った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459