東証続落、終値92円安/5日連続、北海道の地震を懸念

2018/09/06 16:12

 

 東京証券取引所

 東京証券取引所

 6日の東京株式市場は、北海道の地震の影響が長期化するとの懸念から売りが強まり、日経平均株価(225種)は5営業日続落し、約2週間ぶりの安値を付けた。

 終値は前日比92円89銭安の2万2487円94銭。東証株価指数(TOPIX)は12・55ポイント安の1692・41。出来高は約12億8000万株。

 地震被害の復旧は長期化するとの観測が広がり、取引開始から北海道に拠点を置く企業や、小売り関連の銘柄を中心に売りが先行。電力の全面復旧に少なくとも1週間かかるとの見通しが伝わったことも投資家心理を冷やした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459