テニス、大坂と錦織が準決勝進出/アベック4強は四大大会初

2018/09/06 13:19

 

 全米オープンでレシア・ツレンコを破り、準決勝進出を決めた大坂なおみ=ニューヨーク(ロイター=共同)

 全米オープンでレシア・ツレンコを破り、準決勝進出を決めた大坂なおみ=ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第10日は5日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、シングルス準々決勝で女子の大坂なおみと男子の錦織圭(以上日清食品)が勝ち、準決勝に進んだ。日本勢のアベック4強は四大大会で初めて。

 第20シードの大坂は世界ランキング36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6―1、6―1で下し、四大大会初の準決勝進出を決めた。日本女子の4強は全米初、四大大会で1996年ウィンブルドン選手権4強の伊達公子以来22年ぶり。マディソン・キーズ(米国)は、カルラ・スアレスナバロ(スペイン)を退けた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459