働く年齢、70歳に延長検討/政府、法改正や助成金拡充

2018/09/05 23:34

 

 政府は5日、希望する高齢者が70歳まで働けるよう、現行65歳までの雇用継続義務付け年齢を見直す方向で検討に入った。働き手の中心となる15〜64歳の生産年齢人口は急速に減少しており、元気で意欲のある高齢者に働き続けてもらい、労働力を確保する狙いだ。65歳以上の高齢者を積極的に採用する企業への助成金を拡充。高年齢者雇用安定法の改正を視野に今後、政府の未来投資会議などで経済界や労働界の代表も交えて議論する。

 ただ、年金の受給開始年齢引き上げにつながって70歳まで働くことを余儀なくされる懸念が出そうだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459