企業の内部留保446兆円/過去最高、17年度統計

2018/09/03 10:54

 

 企業の内部留保(利益剰余金)の推移

 企業の内部留保(利益剰余金)の推移

 財務省が3日発表した2017年度の法人企業統計では、企業が蓄えた内部留保に当たる利益剰余金が、金融・保険業を除く全産業で前年度比9・9%増の446兆4844億円となり、6年連続で過去最高を更新した。景気好調を背景に、自動車や電子部品などが売り上げを伸ばし、企業の利益蓄積を押し上げたとみられる。ただ人件費の割合は伸びておらず、企業に対して賃上げを求める声が一段と高まりそうだ。

 製造業は9・1%増の153兆3205億円、非製造業は10・4%増の293兆1639億円だった。

 経常利益は11・4%増の83兆5543億円で、過去最高を更新した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459