大リーグ、田中が5年連続10勝/2番手登板の前田が8勝目

2018/09/02 13:32

 

 タイガース戦で先発し、7回を1失点で10勝目を挙げたヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)

 タイガース戦で先発し、7回を1失点で10勝目を挙げたヤンキース・田中=ニューヨーク(共同)

 タイガース戦の7回、ヤンキース・田中がピンチを切り抜けた場面で、スタンドで涙を流す夫人の里田まいさん=ニューヨーク(共同)

 タイガース戦の7回、ヤンキース・田中がピンチを切り抜けた場面で、スタンドで涙を流す夫人の里田まいさん=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは1日、各地で行われ、ヤンキースの田中がニューヨークでのタイガース戦に先発し、7回を7安打1失点、6三振1四球で10勝目(5敗)を挙げ、日本投手ではドジャースとヤンキースでプレーした黒田以来、2人目の5年連続2桁勝利とした。試合は2―1だった。

 田中はメジャーデビューからの5年連続2桁勝利でもあり、自身の日本投手最長記録を更新した。プロ野球楽天時代を含めると10勝以上は10年連続。

 ドジャースの前田は0―2の八回に2番手で登板し、1回を三者凡退とした。直後にチームが3点を奪い、3―2で勝って前田に8勝目(8敗)が付いた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459