アフリカで子ども5百万人死亡/20年間、紛争原因

2018/09/01 15:54

 

 栄養失調などのため、南スーダン・ジュバの病院に入院した子どもたち=2017年5月(共同)

 栄養失調などのため、南スーダン・ジュバの病院に入院した子どもたち=2017年5月(共同)

 【ナイロビ共同】アフリカ各地で1995〜2015年に、紛争が原因のけがや栄養失調、感染症により、500万人前後の5歳未満の子どもが死亡した可能性があることが分かった。うち300万人超は1歳未満の乳児だった。英医学誌ランセット電子版が1日までに、米スタンフォード大などの研究者の論文を発表した。

 調査対象となった20年間に、アフリカではコンゴ(旧ザイール)や南スーダン、ソマリアなどで紛争が起きた。研究者らは「従来の仮説に比べ、死者がかなり多い」と警鐘を鳴らしている。

 アフリカ54カ国のうち35カ国で約1万5千件の武力衝突のデータを分析、推定した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459