平昌五輪、日本選手団が帰国へ/「濃い時間」と高木美帆

2018/02/26 14:05

 

 韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く金メダリスト。手前右から高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那、(後方右から)菊池彩花、小平奈緒、羽生結弦の各選手=26日(共同)

 韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く金メダリスト。手前右から高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那、(後方右から)菊池彩花、小平奈緒、羽生結弦の各選手=26日(共同)

 帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着し、笑顔で撮影に応じるスピードスケートの小平奈緒選手(左)とフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

 帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着し、笑顔で撮影に応じるスピードスケートの小平奈緒選手(左)とフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

 【平昌共同】平昌冬季五輪で17日間の戦いを終えた日本選手団が26日、襄陽空港発のチャーター機で韓国を離れ、帰国の途に就いた。スピードスケート女子の団体追い抜きなど3種目で金、銀、銅のメダルを獲得した高木美帆選手は出発前に取材に応じ「濃い時間を過ごせた」と達成感を漂わせた。フィギュアスケート男子で2連覇した羽生結弦選手は前夜の閉会式に参加した感想について「楽しかった。感慨深かった」と話した。

 羽生選手は、スピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒選手と笑顔でポーズを取る場面も。2種目を制覇した高木菜那選手もリラックスした表情だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459