下町ボブスレー使用せず/平昌五輪ジャマイカ代表

2018/02/05 14:42

 

 ジャマイカ女子チームへ提供された「下町ボブスレー」の10号機=2017年9月

 ジャマイカ女子チームへ提供された「下町ボブスレー」の10号機=2017年9月

 東京都大田区の町工場が中心となって国産のそりを開発する「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は5日、そりを供給するジャマイカ連盟から、平昌冬季五輪で下町ボブスレーを使わないとの連絡を受けたと明らかにした。

 推進委は提供したそりで五輪に参戦する契約を連盟と結んでおり、損害賠償請求など法的措置を取る方針。記者会見を開いて詳細を説明する。

 ジャマイカは女子2人乗りで五輪に出場する。今季のワールドカップ(W杯)ではラトビア製のそりを使用して好結果を残したことから、五輪でも継続してラトビア製を使用する可能性を推進委に伝えていた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459