陸上400リレー、喜びの会見/山県選手「自信はあった」

2016/08/20 22:25

 

 銀メダル獲得から一夜明け、記者会見する(左から)山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥ら陸上4選手=20日、リオデジャネイロ(共同)

 銀メダル獲得から一夜明け、記者会見する(左から)山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥ら陸上4選手=20日、リオデジャネイロ(共同)

 銅メダル獲得から一夜明け、記者会見する陸上の荒井広宙選手=20日、リオデジャネイロ(共同)

 銅メダル獲得から一夜明け、記者会見する陸上の荒井広宙選手=20日、リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第15日に陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した4選手らが、一夜明けた20日に記者会見し、山県亮太選手は「練習から日本記録を超えるタイムで走っていたので自信はあった。強豪国に勝って銀メダルを獲得できたのはすごくうれしい」と、改めて喜びを語った。

 アンカーを務め、優勝したジャマイカのウサイン・ボルト選手と争ったケンブリッジ飛鳥選手は「最初、並んだときはいけるかなと思ったが、離されて悔しかった。(100メートルを)4人が9秒台で走れるようになれば勝てるチャンスはある」とさらに意欲を見せた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459