日本女子が銅メダル、中国3連覇/卓球・16日

2016/08/17 11:46

 

 日本―シンガポール 第2試合でプレーする石川=リオデジャネイロ(共同)

 日本―シンガポール 第2試合でプレーする石川=リオデジャネイロ(共同)

 日本―シンガポール 第3試合でプレーする福原(右)、伊藤組=リオデジャネイロ(共同)

 日本―シンガポール 第3試合でプレーする福原(右)、伊藤組=リオデジャネイロ(共同)

 女子団体が行われ、2012年ロンドン五輪銀メダルの日本が3位決定戦でシンガポールを3―1で下し、2大会連続の表彰台となる銅メダルに輝いた。

 福原愛(ANA)石川佳純(全農)と15歳の伊藤美誠(スターツ)の布陣で臨んだ日本は第1試合のシングルスで福原が敗れたが、その後は第2試合のシングルスで石川、第3試合のダブルスで福原、伊藤組が勝ち、第4試合のシングルスで伊藤がロンドン五輪シングルス銅メダルのフェン・ティアンウェイを破って3連勝した。

 決勝は中国がドイツを3―0で退け、3連覇を達成した。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459