柔道の近藤は準決勝、高藤敗復へ/五輪、テニス錦織は1回戦快勝

2016/08/07 02:01

 

 リオデジャネイロ五輪第2日(6日)競技が本格的に開始。柔道女子48キロ級で近藤亜美が準決勝に進出、男子60キロ級の高藤直寿は準々決勝で敗れ敗者復活戦に回った。

 競泳男子400メートル個人メドレーは萩野公介と瀬戸大也が決勝進出。

 テニス男子のシングルス1回戦で錦織圭はラモス(スペイン)に完勝。バレーボール女子は1次リーグ初戦で韓国に敗れた。体操は男子予選が行われた。

 フェンシングの女子エペ個人で佐藤希望が準々決勝進出。ラグビー7人制の女子1次リーグ初戦で日本はカナダに敗れた。

 射撃女子エアライフルのスラッシャー(米国)が今大会の金メダル第1号に。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459