映画界から健さん惜しむ声相次ぐ/監督や共演者ら

2014/11/18 18:20

 

 死去した高倉健さんの思い出を語り、唇をかむ山田洋次監督=18日午後、東京都世田谷区の東宝スタジオ

 死去した高倉健さんの思い出を語り、唇をかむ山田洋次監督=18日午後、東京都世田谷区の東宝スタジオ

 日本映画を代表する俳優高倉健さんが10日に83歳で死去したことが明らかになった18日、映画監督や共演者らから惜しむ声が相次いだ。

 代表作「幸福の黄色いハンカチ」の山田洋次監督は「同い年の健さんが元気でいてくれることは、僕にとってどれだけ励みであったか」と肩を落とした。

 故渥美清さんと共に、映画人生で出会った偉大な俳優として名前を挙げ「今ごろ2人が話をしていらっしゃるかな。『黄色いハンカチ』にも渥美さんと健さんが久しぶりに会うシーンがありますが、あの情景が僕の目の前に浮かんでいます」。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459