スニガは処分できず/ネイマール骨折でFIFA

2014/07/08 05:48

 

 ブラジル―コロンビア戦の後半、コロンビア・スニガ(上)のファウルを受けるブラジルのネイマール=フォルタレザ(ロイター=共同)

 ブラジル―コロンビア戦の後半、コロンビア・スニガ(上)のファウルを受けるブラジルのネイマール=フォルタレザ(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】国際サッカー連盟(FIFA)は7日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、4日に行われた準々決勝でブラジルのFWネイマールにタックルをして負傷退場に追い込んだコロンビアのDFスニガに処分を科すことはできないと発表した。ネイマールは脊椎を骨折し、残り試合の出場が絶望的になった。

 FIFAの規則では審判員が見逃した行為については規律委員会がさかのぼって処分の対象にできると定めているが、準々決勝を担当した主審がスニガのラフプレーを反則と認めた上で警告を与えなかった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459