ネイマール負傷に衝撃広がる/大統領、監督、選手ら

2014/07/05 17:38

 

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で4日、ブラジル代表のエース、ネイマールがコロンビアとの準々決勝で背後からタックルを受けて脊椎を骨折し、残り試合の出場が絶望的になった。大会の主役の負傷離脱に、関係者には衝撃が広がった。

 ブラジルのルセフ大統領は短文投稿サイトの「ツイッター」で「全ての国民と同じように、私も痛みを分かち合う」と発信。チーム内からも声が上がり、AP通信によると、フェルナンジーニョは「優勝してネイマールにささげたい」と強い決意を表明した。

 代表のスコラリ監督は「ネイマールが狙われていたことはみんな分かっていた」と怒り心頭。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459