W杯、日本は15日午前に初戦/監督「最高のプレーを」

2014/06/14 10:29

 

 選手の練習を見詰めるザッケローニ監督=レシフェ(共同)

 選手の練習を見詰めるザッケローニ監督=レシフェ(共同)

 コートジボワール戦の前日記者会見をするザッケローニ監督。奥は長谷部=13日、レシフェ(共同)

 コートジボワール戦の前日記者会見をするザッケローニ監督。奥は長谷部=13日、レシフェ(共同)

 【レシフェ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグC組の日本は14日午後10時(日本時間15日午前10時)から、ブラジル北東部レシフェのペルナンブコ・アリーナでコートジボワールとの初戦に臨む。アルベルト・ザッケローニ監督が率いたチームの4年間の集大成となる戦いが間もなく始まる。

 チームは13日にベースキャンプ地のイトゥからレシフェに移動。公式記者会見でザッケローニ監督は「チーム状態は良好。これまで見せてきた中で最高のプレーを実践してほしい」と語り、仕上がりに手応えを示した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459