天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

熊本・阿蘇山でごく小規模噴火/2016年以来、中岳第1火口

2019/04/16 21:10

 気象庁のカメラが撮影した、噴煙を上げる阿蘇山=16日午後6時28分
 気象庁のカメラが撮影した、噴煙を上げる阿蘇山=16日午後6時28分

 気象庁は16日、熊本県の阿蘇山の中岳(標高1506メートル)の第1火口で同日午後6時28分、ごく小規模な噴火が発生したと発表した。火口から約1キロの範囲で飛散する大きな噴石や火砕流、風下では火山ガスに警戒するよう呼び掛けた。阿蘇山の噴火は2016年10月8日以来。熊本県警によると、人的被害は確認されていない。

 気象庁によると、噴煙は火口縁上200メートルに達し、北西に流れた。噴火に伴う空振は観測されていない。火山性地震は多い状態が続いている。

 噴火を受け、政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.