天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

AIで列車などの突風被害防げ/気象研、4年後実用へ

2019/03/16 11:02

 JR羽越線の特急いなほ脱線転覆事故現場=2005年12月、山形県庄内町
 JR羽越線の特急いなほ脱線転覆事故現場=2005年12月、山形県庄内町

 列車や飛行機に突風が直撃して起きる重大事故を防ごうと、気象庁気象研究所が人工知能(AI)を使った予測システムの開発を16日までに始めた。気象レーダーによるリアルタイムの観測データから突風の「種」を発見、危険が及ぶ範囲と時刻を推定し警報を出す。4年後の実用化を目指す。

 開発チームの楠研一・気象研室長は「将来は危険を回避する運転者がいない自動運転でも活用したい」と話している。

 突風を巡っては、06年に宮崎県延岡市のJR日豊線で特急列車が脱線して7人がけがをした事故や12年5月には茨城県で竜巻で中学生1人が死亡する事例があり、対策強化を求める声が高まっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.