天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

三菱重工、国内で洋上風力に参入/建設地は日本海を有望視

2018/12/08 16:52

 三菱重工業の合弁会社が手掛ける洋上風力発電設備(MHIヴェスタス提供)
 三菱重工業の合弁会社が手掛ける洋上風力発電設備(MHIヴェスタス提供)

 三菱重工業がデンマークの合弁会社を通じて洋上風力発電の日本市場に参入し、建設適地として日本海の北側を有望視していることが8日、分かった。発電の際に地球温暖化につながる二酸化炭素(CO2)の排出が少なく、海に囲まれている日本で需要が高まると判断した。日本を重要市場と位置付けて事業を広げ、世界首位のドイツのシーメンスグループと並ぶ規模を目指す。

 11月末には洋上風力発電普及法も成立した。戸田建設なども既に手掛けており、企業間の競争も激化しそうだ。

 合弁会社は、三菱重工が風力発電機大手のヴェスタスと折半出資し、2014年に設立した「MHIヴェスタス」。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.