天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日産、最終報告後も検査不正/4度目の判明、15万台リコール

2018/12/07 20:37

 新たな検査不正が見つかり、記者会見で謝罪する日産自動車の本田聖二常務執行役員(右)ら=7日夜、横浜市
 新たな検査不正が見つかり、記者会見で謝罪する日産自動車の本田聖二常務執行役員(右)ら=7日夜、横浜市

 日産自動車は7日、ブレーキやスピードメーターなど6項目で新たな検査不正が見つかり、11車種で約15万台のリコール(無料の回収・修理)を13日に国土交通省に届け出ると発表した。不正の判明は昨秋以降4度目。今年9月に検査不正に関する最終報告書を発表、再発防止を約束したが、その後も不正が続いていた。

 不正は日産の自主点検の中で、追浜工場とグループのオートワークス京都の2工場で見つかった。本田聖二常務執行役員が横浜市で記者会見し謝罪、原因について「品質よりもコストに偏っていた」との認識を示し「うみは出し切ったと思う」と語った。西川広人社長は姿を見せなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.