天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

違法操業の漁船対応で日米初連携/太平洋島しょ国と今月共同研修

2018/11/11 02:00

 日米両政府が、パラオなど太平洋の島しょ国に対し、それぞれの国の排他的経済水域内で違法に操業する中国など外国漁船の取り締まりを強化するため、初の共同研修に乗り出すことが10日分かった。各国の担当者を日本に招き、今月下旬に研修を開始する。日本政府関係者が明らかにした。日米が目指す「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、協力を深める狙いがある。

 関係者によると、研修は国際協力機構が中心となり、日本で今月25日から約3週間実施。パラオやマーシャル諸島、ミクロネシア連邦など12カ国から海上警備当局の職員1人ずつが参加し、米国からも専門家数人が訪れる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.