天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

トヨタ、次世代環境車の専門組織/本格生産へ体制整備

2018/10/13 08:43

 トヨタ自動車本社
 トヨタ自動車本社

 トヨタ自動車が、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)といった次世代環境車を専門に担当する新組織「トヨタZEV(ゼブ)ファクトリー」を1日付で設立したことが13日、分かった。開発や部品調達、工場の生産ライン立ち上げなど幅広い分野の約200人が所属し、本格生産へ体制を整備する。

 ZEVは、EVなど二酸化炭素(CO2)を排出しない車「ゼロエミッション車」を表す。新組織はEV開発を担う50人規模の「EV事業企画室」を母体に拡充する。EV事業企画室は、2016年12月に設けられ、17年11月に社内カンパニーの一つ「先進技術開発カンパニー」の傘下に入っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.