天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

墜落33年、御巣鷹で慰霊/日航機遺族、空の安全祈願

2018/08/12 19:35

 日航ジャンボ機墜落事故から33年、ろうそくがともされ犠牲者の名前が刻まれた石板に触れる女性=12日夕、群馬県上野村
 日航ジャンボ機墜落事故から33年、ろうそくがともされ犠牲者の名前が刻まれた石板に触れる女性=12日夕、群馬県上野村

 乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から33年の12日、遺族らが墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山した。麓の「慰霊の園」での追悼慰霊式では、墜落時刻の午後6時56分に遺族や日航幹部らが黙とうし、520本のろうそくに火をともして追悼した。

 群馬県では10日に9人が死亡する防災ヘリコプター墜落が起きたばかり。航空事故が後を絶たない現状に「繰り返されるたびに胸が痛くなる」との声も上がった。

 遺族らは午前10時半ごろから墜落地点の「昇魂之碑」の前で黙とうし「安全の鐘」を鳴らして空の安全を祈願した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.