天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

辺野古移設、県民大会で断念要求/翁長知事悼む声相次ぐ

2018/08/11 19:03

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古移設に反対する「県民大会」で、メッセージを掲げる参加者たち=11日午後、那覇市の奥武山公園
 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古移設に反対する「県民大会」で、メッセージを掲げる参加者たち=11日午後、那覇市の奥武山公園

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設に反対する「県民大会」で、亡くなった翁長雄志知事への感謝のメッセージを掲げる参加者=11日午前、那覇市の奥武山公園
 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設に反対する「県民大会」で、亡くなった翁長雄志知事への感謝のメッセージを掲げる参加者=11日午前、那覇市の奥武山公園

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」が11日、那覇市内で開かれた。主催者発表で約7万人が参加し、辺野古での新基地建設の断念や、普天間飛行場の即時閉鎖と撤去を要求する決議を採択。参加者からは、8日死去した翁長雄志知事を悼む発言が相次いだ。移設反対を訴える動きは各地に広がり、北海道や大阪、福岡などでも集会やデモ行進があった。

 謝花喜一郎副知事(61)は「新基地は造らせないという翁長氏の思いをしっかり受け止め、毅然として判断する」と述べ、翁長氏が打ち出した辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回の方針を継承する意向を表明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.