天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

西日本豪雨ため池被害907カ所/18府県、修復に遅れも

2018/08/10 18:44

 ため池が決壊した広島県福山市の土砂崩れ現場=7月
 ため池が決壊した広島県福山市の土砂崩れ現場=7月

 西日本豪雨の影響により、土砂流入や堤の損壊などの被害が出たため池が18府県で少なくとも907カ所に上ることが10日、分かった。うち決壊は6府県の31カ所だった。台風シーズンで大雨が懸念される中、被災者対応に追われる自治体からは「ため池の修復まで手が回らない」との声も出ている。

 ため池は農業用水の確保が役割で全国に約20万カ所ある。江戸時代以前の築造が約7割を占め、老朽化が進む。これまでも地震や豪雨による被害が出ており、改めて対策が求められそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.