天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

車不適切検査、3社で6480台/スズキ、マツダ、ヤマハ発動機

2018/08/09 19:26

 不適切検査が発覚し、記者会見するスズキの鈴木俊宏社長(右)=9日午後、東京都千代田区
 不適切検査が発覚し、記者会見するスズキの鈴木俊宏社長(右)=9日午後、東京都千代田区

 不適切検査が発覚し、記者会見するヤマハの渡部克明副社長(中央)=9日午後、東京都港区
 不適切検査が発覚し、記者会見するヤマハの渡部克明副社長(中央)=9日午後、東京都港区

 スズキとマツダ、ヤマハ発動機は9日、新車の燃費や排出ガスの測定で、不適切な検査が見つかったと発表した。対象は3社で計6480台に上る。自動車や鉄鋼など国内メーカーでは検査不正などの不祥事が相次いでおり、信頼性が一段と低下することは避けられそうにない。

 3社ともデータ改ざんはなかったと説明しており、燃費などへの影響はないとしてリコールを実施しない方針だ。

 スズキは、2012年6月以降、抜き取り検査した四輪車1万2819台のうち約半数の6401台。

 マツダは14年11月以降、四輪車72台で、ヤマハ発は16年1月以降、二輪車7台で不適切検査が見つかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.