天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

猛暑、被災者支援の手に妨げ/ボランティア搬送相次ぐ

2018/07/14 22:23

 広島県熊野町で住宅内に流れ込んだ土砂を取り除くボランティアや近所の人たち=14日午後1時1分
 広島県熊野町で住宅内に流れ込んだ土砂を取り除くボランティアや近所の人たち=14日午後1時1分

 西日本豪雨によって甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛3県では14日、各地で今年最高の暑さを観測した。3連休の初日で、住民らは大勢のボランティアの手を借りて泥や壊れた家具の運び出しなどを進めたが、猛烈な暑さに苦しんだ。共同通信の集計によると、3県全体で132人が熱中症の疑いで救急搬送され、うち三原市の高齢女性が死亡した。

 大規模な浸水被害があった倉敷市真備町地区では23人が搬送され、西予市では、被災した親戚宅の片付け作業中に嘔吐して運ばれた人がいた。広島市安佐北区で片付けをしていた40代女性や、広島県呉市でボランティアの30代と16歳の男性が搬送された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.