天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

西日本豪雨、22河川で堤防決壊/岡山、広島に集中

2018/07/13 18:41

 水に漬かった岡山県倉敷市真備町地区。手前は決壊した堤防=8日
 水に漬かった岡山県倉敷市真備町地区。手前は決壊した堤防=8日

 西日本を中心とした豪雨の影響で、国や県が管理する22河川で堤防が決壊したことが13日、国土交通省の3日以降の被害まとめで分かった。岡山、広島両県に集中しており、浸水は甚大な人的被害につながった。水位上昇による氾濫は北海道や九州を含め163河川に上った。西日本豪雨は、各地で犠牲者が相次いでから1週間が経過した。

 国管理で唯一決壊したのは、岡山県倉敷市を流れる小田川。都道府県管理では岡山、広島両県で各10河川が決壊、最も多かった。その他は山口県の1河川だった。

 小田川は左岸の2カ所で堤防が決壊、それぞれ50メートルと100メートルにわたって切れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.