天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

駅員も異常認識せず、新幹線事故/報告遅れる、JR西日本が陳謝

2018/06/15 22:06

 山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で記者会見し、陳謝するJR西日本の平野賀久副社長=15日午後、大阪市
 山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で記者会見し、陳謝するJR西日本の平野賀久副社長=15日午後、大阪市

 福岡県内で14日に起きた山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で、JR西日本の平野賀久副社長らが15日、大阪市の本社で記者会見し、事故後に停車した小倉駅の30代駅員が新幹線の入線時、前頭部に血のりやひび割れのようなものを確認したが、大きな異常と認識していなかったことを明らかにした。駅員が指令に異常を報告したのは、列車が駅を出発した後だった。

 50代の運転士が異常音を感知しながら運転指令に報告せずに運行を続けた判断には「報告義務を定めたマニュアルを失念していたか誤解していた」との認識を示した。

 平野副社長は「ご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる」と陳謝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.