天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

新幹線運転士、異常音報告せず/国交相JR西に検証指示

2018/06/15 13:20

 ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)
 ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)

 石井啓一国土交通相は15日の記者会見で、14日に発生した山陽新幹線の人身事故で、運転士が異常音を聞きながら、運転指令に報告していなかったことを明らかにした。「判断が適切だったのか。なぜ報告しなかったのか。JR西日本に検証を指示した」と述べた。昨年末の台車亀裂問題に続き、安全対策への姿勢が問われそうだ。JR西は15日午後、大阪市の本社で記者会見する。

 国交省によると、JR西は内規で、走行中に異常音がした場合、運転指令への報告が必要と定めている。JR西は「小動物との衝突」と運転士が判断したため報告しなかったとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.