天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

「判決に市民感覚が反映」92%/裁判員制度10年、ストレス3割

2019/05/20 21:01

 2009年8月6日、全国初の裁判員裁判を終え、取材に応じる裁判員を務めた人たち(手前)=東京・霞が関
 2009年8月6日、全国初の裁判員裁判を終え、取材に応じる裁判員を務めた人たち(手前)=東京・霞が関

 裁判員制度の開始から21日で10年。共同通信社が全国の裁判員経験者(補充を含む)にアンケートをしたところ、92%が「判決に市民感覚が反映された」と回答した。二審の控訴審で判決が変わることを容認したのは40%。一方、34%が「審理で精神的ストレスを感じた」と答えた。負担はありながら、多くの人が体験を肯定的に捉えていると言えそうだ。

 アンケートは取材を通じて把握した経験者を対象に3月以降、郵送やメールなどで実施。342人が答えた。

 市民感覚が反映されたかについては「ある程度」が58%と最も多く、「十分」は34%。「あまり反映されなかった」は5%だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.