天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

文芸評論家の加藤典洋さん死去/「敗戦後論」で論争巻き起こす

2019/05/20 18:36

 インタビューに答える加藤典洋さん=2014年8月、東京都新宿区の新潮社
 インタビューに答える加藤典洋さん=2014年8月、東京都新宿区の新潮社

 「敗戦後論」などの著作で戦後日本の本質を問い続けた文芸評論家で早稲田大名誉教授の加藤典洋(かとう・のりひろ)さんが16日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳。山形市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻厚子(あつこ)さん。

 95年の論文「敗戦後論」では、平和主義を唱えながらも世界で戦争を続ける米国に従属するという戦後日本の「ねじれ」を指摘。日本がアジアへの加害責任と向き合うためには、先に日本の戦没者を弔う必要があるなどと問題提起し、大論争を巻き起こした。

 明治学院大、早稲田大で教授を歴任。文学からサブカルチャーまで幅広い視点で評論した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.