天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日本遺産、新たに16件認定/東北の「金」や三重の海女文化

2019/05/20 11:59

 日本遺産に認定された三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」のテーマである海女漁(三重県鳥羽市教育委員会提供写真)
 日本遺産に認定された三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」のテーマである海女漁(三重県鳥羽市教育委員会提供写真)

 文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の16件を新たに認定した。第5弾の認定で、日本遺産は計83件となった。岩手、宮城両県の金産出の歴史を伝える「みちのくGOLD浪漫」や、三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」などが新たに加わった。

 日本遺産は、地域活性化や観光振興につなげようと2015年度から毎年認定。東京五輪・パラリンピックがある20年度までに100件程度に増やす。今回、岩手、鹿児島、沖縄3県でも初めて認定され、遺産がないのは東京都のみとなった。

 今回は72件の申請があった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.