天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

平家の屋敷跡か/京都・六波羅、堀を発掘

2019/05/16 18:36

 京都市東山区で見つかった、平安時代末期の武家屋敷の遺構とみられる堀跡=16日午後
 京都市東山区で見つかった、平安時代末期の武家屋敷の遺構とみられる堀跡=16日午後

 京都市東山区で平安時代末期の武家屋敷の遺構とみられる堀跡が見つかり、民間の発掘調査会社「文化財サービス」が16日に発表した。平清盛(1118〜81年)が権勢を振るったころ、平氏一門の本拠地として整備された「六波羅」と呼ばれる一帯で、担当者は「平家の屋敷跡とみられる遺構が発見されたのは初めてではないか」としている。

 出土した遺物から、堀は12世紀前半から中頃にかけて整備されたと推定される。堀の南側には土塁があり、堀は屋敷の北側とみられる。当時は保元・平治の乱が起きるなど武家社会への移行期で、防御目的から造成したと考えられるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.