天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

地銀7割、54社が減益・赤字/純利益合計は2年連続1兆円割れ

2019/05/16 16:40

 スルガ銀行東京支店が入るビル=16日午後、東京都中央区
 スルガ銀行東京支店が入るビル=16日午後、東京都中央区

 東京証券取引所などに上場する地方銀行78社の2019年3月期決算が16日までに出そろった。日銀の大規模金融緩和策による超低金利の長期化が響き、全体の約7割に当たる54社が減益か赤字となった。純利益の合計は前期比6・4%減の8647億円となり、3年連続で減少。2年連続の1兆円割れとなった。20年3月期は56社が減益を見込んでおり、純利益の合計も8755億円にとどまる見通しだ。

 人口や企業数の減少など地銀の経営を取り巻く環境は厳しさを増している。収益の柱だった投資信託や外貨建て保険の販売は、米中貿易摩擦を受けた市況の悪化で期待できない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.