天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

米ボーイング、13%減益/1〜3月期、737墜落事故響く

2019/04/24 23:08

 米カリフォルニア州の空港に駐機するボーイング737MAX8=3月26日(ロイター=共同)
 米カリフォルニア州の空港に駐機するボーイング737MAX8=3月26日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングが24日発表した2019年1〜3月期決算は、墜落事故を起こした主力機種737の納入が減ったことで、純利益が13%減の21億4900万ドル(約2400億円)だった。

 エチオピアで3月に起きた737MAXの墜落事故を受け、ボーイングはMAXの納入を中断。各国がMAXの運航を停止した。コストも3月末までに約10億ドル増加し、業績に影を落とした。

 売上高は2%減の229億1700万ドルだった。MAXの運航再開時期などが不透明なため、2019年通期の業績見通しは示さず「今後発表する」とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.