天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

競技団体の役員任期、上限10年/スポーツ庁の運営指針案

2019/03/20 10:20

 スポーツ庁=東京・霞が関
 スポーツ庁=東京・霞が関

 スポーツ庁が策定する競技団体の運営指針「ガバナンスコード」で、役員任期の上限を「10年」と明記する方針であることが20日、関係者への取材で分かった。内容を検討するスポーツ審議会の部会が同日に開く会合で案が提示される。役員の多選が目立つスポーツ団体の運営に影響を与えそうだ。

 7日の部会で示された素案では「理事の就任時の年齢に制限を設けること」と記載し、定年規定の必要性を指摘。在任の年数は一定の上限を設定することを示唆する一方、具体的な数字は明示されなかった。今回盛り込まれる「10年」は、英国やオーストラリアの例を参考にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.