天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

大阪大、地震論文5編で捏造/17編も不正疑い

2019/03/15 21:05

 熊本地震の研究論文で捏造や改ざんがあったとの内部調査結果を公表し、謝罪する大阪大の八木康史副学長(左)ら=15日午後、大阪府吹田市
 熊本地震の研究論文で捏造や改ざんがあったとの内部調査結果を公表し、謝罪する大阪大の八木康史副学長(左)ら=15日午後、大阪府吹田市

 記者会見する大阪大の八木康史副学長=15日午後、大阪府吹田市
 記者会見する大阪大の八木康史副学長=15日午後、大阪府吹田市

 大阪大は15日、記者会見し、元准教授の男性らのチームが東日本大震災(2011年3月)と熊本地震(16年4月)を調査してまとめたとする研究論文5編で捏造や改ざんがあったとの調査結果を公表した。北海道南西沖地震(1993年)や阪神大震災(95年)、発生が懸念される南海トラフ巨大地震などを対象とした他の17編も不正が強く疑われるとし「日本の地震研究に及ぼした影響は多大」と指摘した。研究には国の資金が使われており、文部科学省は対応を検討する。

 阪大によると、元准教授は既に退職し、亡くなっている。死因や時期は明らかにしていない。一連の研究不正を否定していたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.