天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

車いす「宿泊施設トイレ入れず」/都条例に盲点、五輪へ環境整備を

2019/02/18 08:38

 宿泊施設の通路や出入り口に見立てて段ボールを並べ、車いすでぶつからずに進めるかどうかの実証実験=1月、東京都千代田区(DPI日本会議提供)
 宿泊施設の通路や出入り口に見立てて段ボールを並べ、車いすでぶつからずに進めるかどうかの実証実験=1月、東京都千代田区(DPI日本会議提供)

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都が改正を目指すバリアフリー条例の宿泊施設に関する規定に、思わぬ盲点が浮かんだ。障害者団体が実証実験を行ったところ、トイレ、浴室の出入り口や通路幅の基準が狭いため、車いすの種類によっては通れないことが分かった。都は「あくまで最低基準」として2月議会に改正案を提出し、9月施行を目指すが、国内外から訪れる車いす利用者の宿泊環境整備が課題となりそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.