天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

年金の実質目減り、高齢者に痛手/10月の消費増税を控え

2019/01/18 18:24

 公的年金額は4月分から0・1%引き上げられることが18日、決まった。4年ぶりのプラス改定だが、物価の伸びに比べると上昇幅は小さく、実質的な年金の価値は目減りする。10月には消費税増税も控えており、低年金者には年最大6万円の給付金が支給されるが、対象とならない高齢者の家計には痛手となる。

 年金額が微増にとどまるのは、将来世代の年金が減りすぎないよう抑制する仕組みが、2回目の実施となったため。

 「マクロ経済スライド」と呼ばれる仕組みで、少子高齢化で保険料を負担する現役世代が減り、年金を受け取る人が増える中、年金財政の持続性を維持する狙いがある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.