天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

パワハラ、就業規則に明記/企業の防止義務、初法制化

2018/11/19 21:33

 政府が指針に盛り込むことを検討しているパワハラの3要素
 政府が指針に盛り込むことを検討しているパワハラの3要素

 厚生労働省は19日、職場のハラスメント対策を巡る法改正の骨子案を労働政策審議会の分科会に示した。企業にパワハラ防止の取り組みを初めて義務付け、就業規則などで対応方針を明記させる。セクハラ対策も強化し、社外との間で起きた事案について企業の取るべき対応を示す方向だ。

 国の調査に対し「パワハラを受けた」と回答した人は3割に上っている。これまで規制する法律はなく、企業への義務付けは対策の第一歩だが、労働組合側が求めていた行為自体の禁止は見送られた。厚労省は来年の通常国会で関連法案の提出を目指す。

 骨子案によると、法律に基づく指針でパワハラの定義を明確化する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.