天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

記者殺害、米政府は結論至らず/大統領に20日包括報告

2018/11/18 12:39

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(ロイター=共同)
 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国在住のサウジアラビア人記者の殺害事件を巡り、トランプ米大統領は17日、中央情報局(CIA)は最終的な結論を出していないと強調し、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が殺害を命じたとCIAが結論付けたという米主要メディア報道を否定した。また包括的な報告を20日に受けると明らかにした。

 これに先立ち、国務省のナウアート報道官も声明で「米政府が最終結論に達したとする報道は不正確だ」と否定。中東の同盟国サウジとの関係を重視するトランプ氏の意向が強く反映されており、事件についての米政府の正式な見解をどう公表するか慎重に検討しているもようだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.