天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

沖縄近海のハタ、絶滅危惧種に/レッドリスト最新版を公表

2018/11/14 22:11

 マダラハタ(Stan Shea氏、BLOOM提供)
 マダラハタ(Stan Shea氏、BLOOM提供)

 国際自然保護連合(IUCN)は14日、絶滅危惧種をまとめたレッドリストの最新版を公表した。沖縄近海などに生息し、食用にもなるマダラハタとアカマダラハタを新たに絶滅危惧種と評価した。これまでは準絶滅危惧種とされており、危険度が引き上げられた。絶滅危惧種には3ランクあり、どちらも最も下のランクと評価した。

 中央アフリカが生息地のマウンテンゴリラや、日本近海を含む世界の海にいるナガスクジラは生息数がやや回復したが「引き続き保全の努力が必要だ」としている。

 今回の評価では、日本の南西諸島近海を含むインド太平洋海域や大西洋のハタ科150種以上を再評価した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.