天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

英仏独、記者殺害を「断固非難」/サウジ説明への不信拡大

2018/10/22 13:08

 ジャマル・カショギ記者=5月6日、トルコ・イスタンブール(ゲッティ=共同)
 ジャマル・カショギ記者=5月6日、トルコ・イスタンブール(ゲッティ=共同)

 トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館の外を巡回する警備要員=21日(AP=共同)
 トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館の外を巡回する警備要員=21日(AP=共同)

 【ロンドン、ベルリン、ワシントン共同】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件で、英国とフランス、ドイツの3外相は21日、「殺害を正当化できるものは何もなく、断固として非難する」との共同声明を発表した。死亡に至る経緯を解明する包括的で「信頼に足る」調査も要求した。

 ドイツメディアによると、メルケル首相は21日、サウジ政府による真相解明が行われない限りサウジに武器を輸出しないと述べ、圧力をかけた。ドイツはサウジに哨戒艇などを輸出し、輸出額は近年急拡大している。

 サウジ当局の発表への不信が拡大、外交への影響が顕在化した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.