天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

ノーベル化学賞の下村脩氏が死去/蛍光タンパク質を発見、90歳

2018/10/21 22:03

 2008年12月、ストックホルム大でノーベル賞受賞の記念講演をする下村脩・米ボストン大名誉教授(共同)
 2008年12月、ストックホルム大でノーベル賞受賞の記念講演をする下村脩・米ボストン大名誉教授(共同)

 死去した下村脩氏
 死去した下村脩氏

 生命科学の研究に不可欠な道具となった緑色蛍光タンパク質(GFP)をクラゲから発見し、2008年のノーベル化学賞を受賞した、海洋生物学者で米ボストン大名誉教授の下村脩(しもむら・おさむ)氏が19日午前6時15分、老衰のため長崎市で死去した。90歳。28年、京都府福知山市生まれ。

 下村氏は米国留学中の1961年、米西海岸でオワンクラゲ1万匹を採取してGFPを発見し、翌年に論文を発表した。

 90年代に入って、GFPを作り出す遺伝子を調べたい細胞のDNAに組み込んで光らせる手法が開発され、GFPは生物学や医学、創薬などに欠かせない道具となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.