天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

薬物再犯防止に専門プログラム/厚労省、麻取部に職員配置検討

2018/10/21 17:46

 厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区霞が関
 厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区霞が関

 薬物事件の再犯防止に向け、厚生労働省が、執行猶予判決を受けた初犯者にカウンセリングなどの薬物乱用防止プログラムを直接指導する専門職員を全国の麻薬取締部に配置する方向で検討していることが21日、関係者への取材で分かった。専門職員は医療機関や地域との橋渡し役として、社会復帰を促す役割を持たせる。関係機関と調整し、早ければ来年度から実施する。

 こうした専門職員の麻薬取締部への配置は初めて。プログラムを受ける対象として想定しているのは、覚醒剤使用など薬物事件で摘発され、保護観察が付かない執行猶予判決を受けた初犯者。これまでの統計では毎年3千人程度いるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.