天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

村田諒太、判定負けで防衛失敗/WBAミドル級3位ブラントに

2018/10/21 14:04

 2回、ロブ・ブラント(右)を攻める村田諒太=ラスベガス(共同)
 2回、ロブ・ブラント(右)を攻める村田諒太=ラスベガス(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】2012年ロンドン五輪金メダリストで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級チャンピオンの村田諒太選手(32)=帝拳=が20日に米ネバダ州ラスベガスで行われた2度目の防衛戦で同級3位のロブ・ブラント選手(28)=米国=に判定で敗れ、王座から陥落した。

 村田選手は世界の層が厚いミドル級で昨年10月に世界王座を獲得。今年4月にはエマヌエーレ・ブランダムラ選手(イタリア)に8回TKO勝ちし、日本選手で初めてミドル級の世界王座防衛を果たした。戦績は16戦14勝(11KO)2敗となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.