天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日欧初の水星探査機出発へ/南米の宇宙基地で準備進む

2018/10/19 06:36

 水星探査機の打ち上げ準備を進めるアリアン5ロケット=18日、仏領ギアナのクールー宇宙基地(共同)
 水星探査機の打ち上げ準備を進めるアリアン5ロケット=18日、仏領ギアナのクールー宇宙基地(共同)

 【クールー(フランス領ギアナ)共同】宇宙航空研究開発機構(JAXA)と欧州宇宙機関(ESA)は18日(日本時間19日)、南米フランス領ギアナのクールー宇宙基地で日欧初の水星探査機2基の打ち上げ準備を進めた。アリアン5ロケットを組立棟から発射地点に移した。打ち上げは19日午後10時45分(同20日午前10時45分)。

 2基はロケットから放出された後、7年かけて水星付近に到着すると、分離して周回軌道に入る。日本の探査機「みお」は八角柱の胴体と長いアンテナを持ち、回転しながら水星周辺の磁場や薄い大気の観測を行う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.