天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

阪神の金本監督が今季限り退任へ/17年ぶり最下位

2018/10/11 13:15

 本拠地での最終戦を終え、あいさつする阪神・金本監督=10日、甲子園
 本拠地での最終戦を終え、あいさつする阪神・金本監督=10日、甲子園

 プロ野球セ・リーグで17年ぶりの最下位に沈んだ阪神の金本知憲監督(50)が、成績不振の責任を取り、就任3年目の今季限りで退任することを11日、明らかにした。金本監督は兵庫県西宮市の球団事務所で「やり残したことはあるが、結果の世界ですから」と語った。

 現役時代に阪神の2度のリーグ制覇に貢献した金本監督は、2016年から指揮。1年目は4位、昨季は2位で進んだクライマックスシリーズのファーストステージで敗れた。

 複数年契約を結び直して臨んだ今季は苦戦。大砲として補強したウイリン・ロサリオ選手が不振で、9月に主力がけがで離脱したのも痛かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.