天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 主要一覧 > 記事詳細

日産不正、出荷優先で検査軽視/経営責任回避し幕引き、台数拡大

2018/09/26 21:19

 記者会見で、燃費測定などの不正について謝罪する日産自動車の山内康裕執行役員(中央)ら=26日午後、横浜市の本社
 記者会見で、燃費測定などの不正について謝罪する日産自動車の山内康裕執行役員(中央)ら=26日午後、横浜市の本社

 日産自動車は26日、燃費測定などの不正検査に関する最終報告書を公表した。原因を「計画通りの生産出荷が優先され、検査が軽視されていた」などと説明。不正の対象となった台数は当初から34台増えて1205台に拡大したが、カルロス・ゴーン会長ら経営トップの責任は回避し、幕引きを図る。消費者からの信頼回復は不透明だ。スズキでも26日、燃費などの測定で新たな不正が発覚し、業界の現場管理の甘さが改めて露呈した。

 日産の報告書は、燃費と排ガス測定のほかに、車の構造や装置などを調べる検査でもデータ書き換えなどの不正が見つかったと明らかにした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.